おすすめ水素水ランキング

水素が逃げにくい容器を選ぶこと

アルミパウチ型

水素は宇宙一小さい物質のため、空中に簡単に抜けていってしまいます。
水素が抜けてしまえば、水素水はただの水になってしまうわけですから、水素が逃げにくい容器であることも水素水選びに重要なポイントです。

 

水素が逃げにくい容器は?

現在水素水の容器には3種類のものがあります。

 

アルミパウチ型

ほとんどの水素水の容器はアルミパウチ型になっています。
密封性が高く、水素が最も逃げにくい容器です。飲みかけの水素水を保存しておけますし、持ち運びにも便利なので、外出先でも水素水を飲むことができます。

 

ただし完全ではなく、プラスチックのフタがついているものは、その部分から水素が少しずつ抜けていってしまいますので、フタがない完全密封であるトラストウォーターがもっとも水素が逃げにくいといえるでしょう。

 

アルミ缶

アルミ缶は容器内とふたの間にどうしても空気を入れておかないといけません。
そうすると空気に触れた部分から水素が逃げ出してしまい、フタを開けた瞬間多くの水素がにげていってしまいます。
アルミパウチ型と同じく持ち運びに便利ですが、飲みかけの水素水を保存しておくときにどうしても空気が容器内に入ってしまうので、水素はにげやすいです。

 

ペットボトル

ペットボトルの容器は水素のほうが分子が大きいため、簡単に水素が抜けていってしまいます。
スティック型のものは、常にペットボトル内に入れておくのでその間は水素が発生しており、まったく水素がない状態という風にはならないですが、スティックを抜いた後ではどんどん水素が抜けていってしまうので、ペットボトルは水素水の容器としては不向きです。

 

 

いろんな種類の水素水商品がありますが、なかでも逃げにくい容器はアルミパウチ型のものです。
水素水メーカーは水素が逃げやすい物質であることはわかっているので、試行錯誤して容器の開発に力を入れています。
その中でもプラスチックのフタのないトラストウォーターが水素の逃げ道がもっともないので、高い水素濃度を保っていられるでしょう。

関連ページ

水素濃度は高いほうがいい
水素水商品によって、水素が溶けこんでいる濃度が違います。水素濃度は高ければ高いほうがいいわけではないですが、低すぎても効果を得られません。