おすすめ水素水ランキング

水素濃度は高いほうが効果あり?

水素がどのくらい溶け込んでいるのかわかる数値が、ppmという単位です。
それぞれの水素水商品に記載されていますが、この数値が高ければ高いほうが水素をより体内に取り込めるので、数値は高いほうがいいです。

 

ただし、ちょっとした注意点があります。

 

水素濃度は1.6ppmが限界

水素は圧力をかければかけただけ際限なく水に溶けこむことができます。
しかし、私たちが住む1気圧のもとでは、1.6ppmまでが限界とされており、これ以上の水素は溶け込ませることはできません。

 

ですので、これ以上の数値を記載している水素水商品はちょっと疑ってみてもいいかもしれません。

 

そう考えると、「トラストウォーター」や「浸みわたる水素水」のような水素水商品は3.0ppmや2.8ppmと書かれていたりします。
これは詐欺なのではないか?と思ってしまうかもしれませんが、これは容器に水素水を充填した時の数値になります。

 

水素水を作る際は、圧力をかけて水素を溶けこませているので、1.6ppm以上の数値になっているかもしれませんが、充填時は1気圧の環境になってしまうので、1.6ppm以上の濃度は保つことはできません。

 

ですので、充填時に高い水素濃度だったとしても、わたしたちの手元に届くときには、1.6ppm以下になっているでしょう。
また水素はその時の気圧や温度によって水素濃度が変化してしまうので、一概に1.6ppmとなっているとはいえません。

 

たとえば、こちらのサイトの方がはかったトラストウォーターの水素濃度は0.98ppmとなっています。

 

もちろんこれは違う日に測ればまた違う濃度がでてくるかもしれませんので、水素濃度を一定に保つというのは難しいのです。

最低0.8ppm以上の水素濃度は必要

とはいえ、あまりにも水素濃度が低いのも水素の効果が期待できません。

 

水素水の第一研究者である太田成男先生によると、水素水の効果を得るためには0.8ppm以上の水素濃度が必要とのことです。
0.8ppm以下だとまったく水素効果はないのかといえば、そんなことはありませんが、やはり効果を実感するまでは時間がかかってしまうでしょう。

 

現在市販されている水素水商品は、この最低ラインをクリアしていますが、あなたが水素水を飲むときにもしかすると水素効果を薄くしていることもあるかもしれませんので、飲み方にも注意してみてください。

高濃度水素水が飲みたい方へ

どうしても高濃度水素水を飲みたいという方には、「セブンウォーター」という水素水商品がおすすめです。

 

こちらは自分で水素水を作る手間がかかりますが、7.0ppmという高濃度水素水を作ることができ、しかも作り立てを飲むことができるので、かなり高濃度の水素水を飲むことができます。

 

「でも前述の1.6ppmが限界という数値を越えている」と思うかもしれませんが、これは容器に秘密があります。

 

水素を発生させる際に圧力がかかるのですが、この圧力を支えてくれる特殊加工のペットボトルを利用することにより、7.0ppmという高濃度水素水が作れるのです。

関連ページ

失敗しない水素水選びは容器から
水素は抜けやすい物質なので、水素水を入れる容器も逃げにくいものであることが重要です。そのなかでもアルミパウチ型のもの、特殊加工をしているペットボトルがいいでしょう。